2007年04月10日

ヴィトン カバンのブランド力

ヴィトン カバンには、ブランド力があります。

ヴィトン カバンに限らず、ブランド力とは、短期間で作れるものではありません。

ブランド力はあっても、使いにくかったり、すぐに壊れるなどのお客様に不満を与えるものがあるとブランド力は低下します。

chanel は、それらのユーザビリティを充足しておりまた、アフターサービスも充実しいます。

この蓄積によって、ヴィトン カバンにはブランド力が備わりました。

また、みなさんが感じる価値観もおおよそ、ヴィトン カバンと言えば、高い水準にあるはずです。

「ヴィトン カバン?そんなのダメだよ」なんてあまり聞いたことがないと思います。

価値が高いイメージが付いているから、多くの人が使っている、だからブランド力が高まる、そして商品価値が下らない。

という好循環が今の、ヴィトン カバンのブランド力をつくり上げています。

「安かろう、悪かろう」という言葉がありますが、ヴィトン カバンに限ってはそのようなイメージは皆無でしょう。

高くても売れるヴィトン カバン、高くても買いたいと思うヴィトン カバン、このバランスが崩れない商品、これが真のブランド力のある商品と言えます。

ヴィトン カバンもその代表的なブランドの1つになります。

ヴィトン カバンはこれらのブランド力を醸成する条件を満たしている商品と言えます。
ですから、幾年経っても、飽きられないブランドして君臨しているのです。

posted by kiyo at 00:00| ヴィトン カバン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。